愛と裁きの混同

ある人のブログにコメントをしたが、私の伝えたいことは伝わらなかったので、そのことに関して説明するコメントを書いていたが、聖霊から、やめるように言われたので断念した。

しかし、ものすごい葛藤と苦痛というか、心的な苦痛に襲われた。

そしてわかったのが、私は、その心の苦痛から逃れるために、他の人に「愛ある働きかけ」をしようとしていたということであり、また、自分では「愛ある働きかけ」だと思っていたものこそが、実は他者への裁きであった、ということだった。

いい意味でショックである。