一つの終わりと新しい始まり

すれ違う人がみな、かつて関わりがあった人のような気がして、まるで、生きながらにして走馬灯を味わっているかのよう。

秋の街はうら寂しく、抱きしめたくなるほどの愛おしさだった。

写真を撮っている人がいて、また別の人も撮りはじめ、私も便乗し、そして一期一会で会釈して去る。

そのようにして、かつて私であったものと別れた。

すべてが、ある一つのサイクルの完結を示していた。

だが、さらにその奥から、存在の根底から、巨大な闇が隙をうかがっているのを感じる。

それは、隙あらばこちらの息の根を止めようと、虎視眈々としている。

ただ、もしそれに飲まれたとしても、それが「道」だったのだろう、という感じで、それはただ自分の根底にある恐怖であり、私が作り出したものであり、それが神から私を「護って」いたものだった。

ただそれは染みわたり、そしてその無性(むせい)が次第に感じられる。

無とは単に「何もない」ということであり、そこには依然として、ただ光があるのみである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中